夕方 肌 ざらざら

夕方になると肌がざらざら、ごわごわしてしまう。

夕方何気なく自分の顔をさわって、肌がざらざら、ごわごわしているのにぎょっとした経験、
ありませんか?

 

ぱっと見はよくわからないけど、自分ではすごく気になってしまいますよね。

 

このざらざら、角質がめくれあがっていることによるものが多いんですよ。

 

夕方の肌のざらざらとターンオーバー

夕方の肌がざらざらしてしまう、つまり角質がめくれ上がるのは、肌のターンオーバーがうまく
いっていないことが原因です。

 

肌は、大体28日の周期で生まれ変わると言われていますが、これがうまくいかないと古い
角質がたまってめくれ上がり、肌のざらつきやごわつきにつながります。

 

ターンオーバーがうまくいっていない状態でスキンケアをしても、古い角質が邪魔をして十分
に浸透しないので、肌の内部はいつまでも乾燥したままの状態です。

 

そのために肌はどんどん乾燥し、ますますざらざら、ごわごわになってしまいます。

 

ターンオーバーを正常に戻すために、まず古い角質を取り除いてあげましょう。

 

この時、スクラブ入りの洗顔料を頻繁に使うのはNG。スクラブ入りの洗顔料は週1回程度
にとどめておいてください。

 

おススメなのは、洗顔後の蒸しタオルです。洗顔したあと、蒸しタオルをしばらく顔に乗せてお
くと、古い角質がじんわりとれて、あとの化粧水の浸透が抜群によくなります。

 

蒸しタオルは、電子レンジで簡単につくることができます。タオルを水にぬらしてしぼり、600W
で1分温めればできあがり。

 

できたてはとても熱いので、扱いには気をつけて。

 

手に取って少しさまして「ちょっと熱いかな?くらいの温度になったら顔に乗せましょう。

 

蒸気がじんわりと広がるのが病みつきになりますよ。

 

刺激の少ない拭きとり化粧水で、優しく拭きとってあげるのもいいですね。

 

コットンにたっぷり取って、顔の内側から外側に向かって、優しくなでるように拭きとります。

 

化粧水は合う・合わないがありますので、サンプルなどで自分に合う物を探してみましょう。

 

これらをするだけで、ざらつきがなくなり、夕方までもっちりもち肌が続くはずです。

 

ぜひ赤ちゃんのような肌を手に入れてくださいね。

スポンサードリンク