夕方 肌 かゆみ

夕方に肌にかゆみが出る原因

夕方になるにと肌にかゆみが出てくる、という人がいます。

 

肌が敏感な人に多いようですが、中にはもともと肌が丈夫で何ともなかった人でも、年齢とともに荒
れやすくなったり、ストレスや過労で肌が敏感になったりすることがあります。

 

かゆみが出てきているときは、肌が乾燥して荒れていることが多いようです。

 

特に夕方になるとかゆみが出る、というのは、日中の活動の中で肌の水分が失われ、乾燥して荒れ
ているケースがよく聞かれます。

夕方に肌にかゆみが出た時の対策

夕方に肌にかゆみが出るときの対策としてはやっぱり一番最初に考えられる原因である肌荒れから
対策するのが良いと思います。

 

そのためにはしっかりと保湿することがとっても大切です。

 

保湿

特に夕方荒れやすい人は、朝の保湿ケアが不十分でないことが考えられます。

 

夜のケアは時間があるので丁寧にする人が多いのですが、反対に朝のケアは時間に追われて十分に
できていないことがあります。

 

特別なケアをしなくても、化粧水や乳液をなじませた後、手で顔を覆ってハンドラップしてあげるだけでも
浸透が違いますので、朝のスキンケアのあとにひと手間加えてあげてください。

 

かゆみがある場合は、添加物が刺激になることがありますので、敏感肌用の化粧品を使うとなおよいで
しょう。

 

最近では、皮膚科のドクターが作った化粧品も豊富にあります。

 

睡眠も結構重要です。

 

人間の体は、寝ている間に傷ついている部分を修復するようにできています。肌荒れも、肌が傷ついてお
こるものなので、眠っている間に修復されるはずなのですが、睡眠が十分でないと、修復も不十分になり
ます。

 

それを続けていると、肌が傷ついた状態が長期間続くことになり、かゆみや乾燥を引き起こします。

 

乾燥しているとさらに肌が傷つきやすくなりますから、肌荒れは進行していくことになります。

 

良質の睡眠をとることによって、肌を休ませてあげることが大切です。

 

そして最後はやっぱり食生活の改善。

 

特に緑黄色野菜が不足すると、肌に必要なβカロテンやビタミンC、ビタミンEなどが不足し、荒れやすくな
ります。

 

と言っても、緑黄色野菜をとるのはなかなか難しいことです。

 

そこで、今はやりの「グリーンスムージー」はいかがでしょう? 緑の野菜(小松菜やホウレン草など)と好きな
果物(リンゴやバナナなど)をミキサーで混ぜるだけの、簡単な飲み物ですが、不足しがちな野菜や果物が
手軽にとれるのでおススメです。

 

しつこいかゆみを改善するのはなかなか大変なことですが、できることからはじめて、かゆみ知らずの肌を手に
入れましょう。

スポンサードリンク